転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ

とある古物商にて、書類審査に合格しました。2、3日して

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。2、3日して相手方から面接日時を告げられました。けれど、当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、驚くほどだるそうな対応の状態のまま面接は終わりました。ですが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないのでふたたび、問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。しばらく絶句してしまったのですが、正直なところ、採用されなくて良かったと思っています。

職を変える際にいるビジネススーツの色味については、

職を変える時に必要なビジネススーツの色合いについては、新卒の人たちが就職活動の際にに準じたカラーがベストとされています。言い換えるならば、紺や黒などのような落ち着いた色、ということになります。転職の場面でも、ビジネススーツの色合いはこういった落ち着いた色が多く、他の色のビジネススーツの人はほぼいません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、だいたいは黒や紺色が大多数なので、面接を行う人事の方から見てもそのような色が普通のように感じます。ですから、身だしなみ、という観点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

クールビズをして転職の面接会場に行こうとするときには、

クールビズスタイルで転職の面接場に出向くときには、ジャケットにおいてはやはり着ていかなくて良いと間違いなく言えますけど、ネクタイはして行った方が悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだと考える企業もある可能性はあります。ですが、ことネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつけなければならないと決めている企業がいくつかはあります。という事で、クールビズの恰好でもネクタイに関してはしていく方が伝えておきます。

こういう転職というのは知り合いから聞いた話です。

こうした話は知人から聞いた話です。新卒採用でなにがなんでも働きたかった憧れの対象であるA社の最終面接で不採用となり、ですから泣く泣く他の会社に就業しました。その後約1年半経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していた時A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社を即座に退職し、派遣という形でA社での就業を開始しました。死ぬ気で頑張ってのちにどうにかA社で正社員になれて、今となっては仕事に生きがいを感じながらいきいき仕事しています。

転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ

転職のための採用面接に希望先の会社へ赴きました。偶然社内の面接に使える部屋がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で会社の人と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散ということになり、面接官も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、奇遇にも自宅最寄駅が一緒。なので電車内においても面接官とずっとおしゃべりをしながら帰宅することとなり、おかけで打ち解け話が盛り上がり、それが原因か無事に採用を勝ち取りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です