転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されとしたら…

失業保険の給付は、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付について、職探しをしていることの証明が必要になりますが、とはいえ、現実的には「会社に行かなくて良いし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。というワケで、しっかり求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然のこととして、「求人票」をチェックすることを最低限行わなければいけません。本気で探す気持ちがないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事がありませんでした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。

在職期間中なら、状況が許す限り、周囲が気づかないように、

在職中であるのなら、可能であれば、周囲に気づかれないように、ちなみに私自身のときは、在職期間中に転業する意図のみをはじめのうちに社内で言ってみたことがあります。けど、その顎、転職情報を必死に色々と探してみたのですが、予想に反して転職する仕事を変えるタイミングも無計画なまま進めていたので、ズルズル時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就職先を再度探しました。

転職サイトや転職エージェントなどを使用して、

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。でも、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加した際は複数の企業の情報に触れることができ、さらに、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加される場合は、1次面接に挑戦するつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。仮にフェアの期間中に企業側から魅力的な人材、と思われれば、そのあとの本格的な面接時にかなり有利なはずです。転職といってもフリーランスになるならスキル不足で悩んでいるかもしれませんが、それは杞憂です。フリーランスエンジニアのスキルって、たいしたことはないのです。

ほとんどの場合大業は「定期採用」がメインなので、

大半は大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には向いていません。しかも地方では転職の見込みはずっと狭まります。例外として、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地などに運営していることが少なくありません。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業拡大と並行して「人員募集」をしていることが多々あるので、その機会を捉えるのです。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を事前に知っておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人予定の有無など、マメに確認されることをお勧めします。

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されとしたら、

転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、大体の場合は差し出す必要はないと思っておきましょう。面接に関して言えば仕事ではなく、職を得るための就職活動内のことです。ですから大方は名刺を交換する場ではないのです。かつ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という訳で、相手側から名刺を差し出されても、こちら側はもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手の方に渡す必要は少しもないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です