転職の面接で面接官から「転職理由は?」と訊かれるはずです、その準備はした?

転職時の面接では面接担当者から「転職理由は?」

転職時の面接の際に面接官から「転職理由は?」とほぼ確実に訊かれるはずです。このとき、どれだけ正論だと思っても、前の仕事場での人づきあいや働く環境についての内容などは、絶対に避けましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいます。面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのが正解です。まずは「新しい職場ではスキルを生かしながら、御社に貢献していきたいと考えています。」といった未来に目を向ける形が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

仮にいわゆる転職とちょっと違うけど、フリーランスに転職する場合も、面接がエージェントから始めにあります。そしてお仕事をもらうときは契約する会社でもやっぱり面接をします。面接って大事ですよね。

転職活動を始めるにあたっては、最初に、ウェブ上の求人サイトを見たりして

転職活動を始めるとき、予め、ネット上の求人サイトを見たりして働きたい会社について調査するはずです。その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話と違うじゃないか」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、文句をつけながら辞めさせないように謀っています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

新しい職場で、今までに培われてきた能力を活かすことができれば、

転職した会社でそれまでに身に付けた能力を活かせられれば、即戦力として周囲から評価されて、即、仕事場にも馴染めるはずです。また会社側としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ合致すれば、難なく事が運ぶでしょう。更にかつての仕事と同じような仕事なら転職はとても楽となります。でも、それなりにスキルがあるといっても一流企業の事務職、公務員系は時代に関係に左右されることなくかなりの競争率になることを肝に銘じておきましょう。

万一あなたが、転職を決意したのなら、周囲に

万一現職からの転身の意思を固めたのなら、まったく周囲にはひそかにバレないように、活動を進め、転職先が決まっていない間は、なるだけ周りの人間に気づかれないように通常通りに仕事をするのがたいへん安全です。転職先が決まっていない間、その状態でいれば、仮にいい転職先が行き詰ったとしても、転身予定を持ち越しながら、現職に残ってもできます。でも思わず「転職するつもりでいる」と口にすると、社内は、その言葉に合わせた態度をとるようになります。しかも社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、社内では「あいつは転職する人」という位置づけになります。そうなってから「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中は、肩身の狭い思いをリスクもあるでしょう。

転職を始める際、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、

転職活動を始めるにあたって、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、転職系の口コミサイトはとても有益です。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた社員の腹いせによってその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、見方を変えると、書き込みの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。でも、本当は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる覚悟をする必要があるといえるでしょう。そもそも、本当にいい会社であればトラブルは起こりません。

この前新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。

先週転職先の会社を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当の人が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、こちら側が説明していることの半分ほども理解ができていない感じ。それに加えて「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが重要です」等、ベテラン社員のように横柄に言うからとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事の経験がある方にしてほしいと感じます。

仕事を変えようとしようとしている時に気にかける

仕事を変えようと考えている時に注意を向ける求人情報に関しては、目安として記載されている可能性があります。なので、そこに記載されていることは何もかもが正しいものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが賢明でしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給料に関しては一般的な金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といったジャッジができないことが多く、自分で勝手に解釈してしまうと、後から嫌な思いをする可能性も少なくなりません。そんな訳で、そうならないためにも、求人に掲載されている情報はだいたいのものだと考えて、そのような大事な事は直に確かめてみた方がベストです。

転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、

転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むことに加え、体力を損なわない様にすると良いと思います。勤め口が見つかり、いざ仕事復帰した際に、趣味に没頭していた影響で、知らないうちに集中力が高まっているのです。そしてまた、体力アップが図れていることで、その場の社員と比較すると体力が持続するということを自ずと認識することができます。なので、休職中は趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをしておいて損はありません。再就職先が決まり、職場のなかであなたと同様の趣味の方と知り合えたなら、仲良くなるキッカケになるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間ではあたらしい社会的な変化が増加傾向にあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業の側でも今度は労働人口減による「人員不足」がクローズアップされています。また最近では、「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

かつては求人情報では、募集要項の中に「性別」について、

数年前の求人情報には、募集条件の中に「性別」が、記載されているのがほとんどでした。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用時、男女の差別をあってはならないという決まりになり、応募条件のなかに「性別」の表記ができなくなりました。しかし求人募集をしている会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。従って男性必要な会社に募集に女性がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまったり、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、女性の働き手を希望しているのだと考えたほうが確実でしょう。